差し迫った身体的危険が迫っている場合は、911 に電話してください。

人間関係は怖いものであってはなりません。

あなたが虐待的な関係にあるかもしれないと思うなら、私たちは助けることができます。私たちのサービスはすべて 無料 そして 機密.

1

電話

ヘルプラインにお電話ください (413) 586-5066 

弊社のヘルプラインスペシャリストは、月曜日から金曜日の午前9時から午後5時まで対応しています。

2

文章

88788に「START」とテキスト送信

全国ホットラインを通じて24時間365日テキストメッセージをご利用いただけます

3

チャット

ライブチャット ホットライン.org

チャットは全国ホットラインを通じて24時間365日ご利用いただけます

誰もが安全な家に住む権利がある

セーフパッセージのカウンセラーは、州全体の緊急避難所やその他の施設への接続をお手伝いします。 住宅資源コミュニティサービスには以下が含まれます カウンセリング、擁護、 サポートグループ、 そして 法的アドバイスと弁護士 遺言検認および家庭裁判所に関する事項について、ノーサンプトンの当事務所およびハンプシャー郡内の各所でサービスを提供しています。

私たちは生存者にサービスを提供するためにここにいます すべての性別。当社のサービスは無料で、障害のある人も利用でき、秘密は守られます。サービスは英語、スペイン語、その他の言語でご利用いただけます。


電話できませんか?

チャットまたはテキストメッセージ 全国ホットラインを通じて24時間365日ご利用いただけます

生存とその先

生存者アンソロジー

初めてのサバイバーアンソロジーが完成しました! さまざまな分野のサバイバーが集まり、家庭内暴力や人間関係の虐待の経験、そしてトラウマから回復する人生にインスピレーションを得たストーリー、詩、アートワーク、エッセイを作成し、共有しました。

anthology front cover_spring 2024

生存者たちの学校再開

すべての子どもは、心配することなく学び、成長するチャンスに値します。この秋、Safe Passageが家庭内暴力の被害者にバックパックや学用品を提供するのを手伝ってください。オンラインで寄付するか、 ライトギフト ページまたはSafe Passageに直接お越しください。何を寄付したらよいか分からない場合は、 私たちを応援してください 私たちが探しているすべての物資のページです。

生存者の人生を変える。今日与えてください。

Safe Passage へのあなたの贈り物により、次のことが可能になります。

安全性。ヒーリング。希望。正義。

あなたのサポートが誰かの人生を変えるでしょう。誰かの命を救うこともできるでしょう。

どのように我々は助けることができます?

カウンセリング

私たちのカウンセラー あなたが話し、聞いてもらえる安全で協力的な場所を提供します。

法的なアドバイス

私たちの 法的プログラム 検認および家庭裁判所における訴訟に関して、家庭内暴力の被害者に法的アドバイスと代理を提供します。

サポートグループ

Safe Passage はさまざまな機能を提供します サポートグループ 自分の経験を他の人と共有したい生存者向け。

私たちは皆のためにここにいます

Safe Passage の支持者は、コミュニティ全体の安全、癒し、正義を目指して活動しています。私たちは家庭内暴力や人間関係による虐待を経験したすべての人のためにここにいます。

LGBTQ+ サバイバー

私たちは、家庭内暴力があらゆる性別や性的指向の人々に起こることを知っています。 当社は、サービスのあらゆる側面に LGBTQ+ の人々を含めることに取り組んでいます。。私たちのサポートグループと個別のカウンセリングは、あらゆる性別の人々に開かれています。

子供たち

お子様のための安全な通路はここにあります 家庭内暴力を目撃したり、虐待を経験したことのある人たちと、彼らをサポートする大人たち。

農村部の生存者

とのパートナーシップを通じて、 ヒルタウン コミュニティ ヘルス センター, セーフ・パッセージはハンプシャー郡とハムデン郡の田舎の丘陵地帯で生存者たちと出会う。ご連絡させていただきます。

ラテン系生存者

セ・ハブラ・スペイン語。英語とスペイン語、ノーサンプトンの地域社会の安全な航路。

私たちはノーサンプトンのオフィスと地域各地で英語とスペイン語でサービスを提供しています。

障害のある生存者

私たちのオフィスは障害のある方も完全にアクセスできるようになっています。私たちのカウンセラー/擁護者は、医療や障害に関連した懸念を解決することができます。

移民

移民と難民は歓迎される書類の提出は求められません。あなたの話は秘密にされます。多くの言語でサービスを提供できます。私たちがお手伝いします。

移民と避難民の息子、安全な道を目指してください。ペディモのドキュメントはありません。歴史は息子の機密情報です。 Proveemos servicios en varios idiomas。エスタモス・アキ・パラ・アユダルレス。

Say Something Prevention Workshop logo - Safe Passage

何か言って

Safe Passage では、家庭内暴力や性的暴力を防止するために、誰もが参加し、積極的に発言することを奨励しています。

しかし、私たちを通して、 予防への取り組み、何か言ってください、私たちは奨励するだけではなく、スキルを学び実践するための情報、ツール、機会を提供します。 Say Something について詳しく知り、今日のコミュニティでの暴力防止にどのように貢献できるかを学びましょう!