Say Something Prevention Workshop logo - Safe Passage

何か言って

私たちは、あなたが誰であろうと、何をしていても、誰と接触しても、誰もがそうすることができると信じています。 何か言って 対人暴力の防止に役立ちます。

Say Something は、コミュニティとの関わりを最大限に高めるために設計された取り組みです。 8 時間の予防ラボ トレーニング、インタラクティブなソーシャル メディア キャンペーン、および広範なフィールド ガイド ワークブックを利用して、家庭内暴力、性的暴力、対人暴力を防止するための取り組みに参加するにはさまざまな方法があります。

発言防止LAB

予防LABは、安全なコミュニティを構築するための社会実験です。この 8 時間の対話型トレーニングは、参加者が暴力を防止し阻止するために効果的な知識を獲得し、スキルを実践する機会を提供します。 Prevention LAB は、コミュニティのメンバーが学び、行動し、コミュニティ内での暴力に対する力強い擁護者になることをサポートします。

今後のコミュニティ プログラムやイベントの完全なカレンダーを表示し、今後の Say Something Prevention LAB にサインアップするには、次の Web サイトにアクセスしてください。 参加するページ.

Say Something LAB にグループとしてサインアップする場合、または特定の LAB をリクエストする場合は、下記までご連絡ください。 メールアドレス: saysomething@safepass.org.

私たちは次のようなコミュニティを構想しています。

  • みんなが安全な場所
  • 隣人がお互いを守るために歩み寄る場所
  • 暴力をなくしたい人々が何をすべきか、そしてどうすればよいかを知っている場所
  • 生存者が尊重され、加害者が責任を負う場所
SS-Youth-Logo-H-Tran-Light-Screen (1)

Say Something Youth Initiative について聞いたことがありますか?

Say Something は、イーストハンプトン高校およびコミュニティ アクション ユース プログラムと提携して、青少年に焦点を当て、青少年に情報を提供した予防プログラムをコミュニティ内の十代の若者たちに提供しています。

ご参加ください 学ぶ 暴力、トラウマ、特権、ジェンダー、および関連する考えについて、 活動 より安全なコミュニティを作るために他の人と協力し、 なれ反暴力の擁護者よ来い!

学ぶ

もっと詳しく知ると、 何か言って

活動

スキルを身につければ、 何か言って

なれ

私たちが維持されているとき、私たちは続けます 何か言って

何か言って 予防戦略と研究を検討した後に開発されました。私たちは、性暴力と家庭内暴力の防止に関するコミュニティのリーダーで構成されたシンクタンクを複数回開催し、特に地域の生存者の知恵を集めました。 Say Something は、私たちのコミュニティのニーズと強みを活かして、傍観者の介入と自己防衛を強化するという効果的な戦略を反映しています。

フィールドガイドをダウンロード

Say Something Field Guide | A Project of Safe Passage私たちの フィールドガイド これは、あなたの個人的な力を解き放ち、地域社会における対人暴力のレベルを減らすためのインタラクティブなワークブックです。したい人をサポートするために設計されています 何か言って.

あなたのストーリーを共有してください

を使用しましたか 何か言って 発言するスキル?それについてすべて教えてください - 私たちは知りたいのです!

ラボをリクエストする

安全な通路のオファー 何か言って 予防ラボを定期的にコミュニティに提供します。ただし、お客様の組織、代理店、またはコミュニティ グループに LAB を出張して持ち込むこともできます。プログラムのリクエスト フォームに記入し、以下のリンクに従ってクローズド グループ LAB を希望していることを示してください (そして、当社が提供する他のすべてのワークショップもご覧ください)。